保険証リーダーX
お客様アンケート集計結果報告

graf_q1_a

2014年の暮れにお配りしたアンケートはがきの集計結果を下記の通りご報告申し上げます。(2015年年2月12日までに弊社に到着した分で、現在もご使用いただいているお客様が今回の集計対象です)

Q1

便利さはいかがでしょうか?

2014年末アンケート実施時点の推奨スキャナ(fi-60F)をお使いのお客様に好評ながら、旧タイプスキャナUSB-201をお使いのお客様にはご不便をおかけしているようで申し訳ございません。改めて個別に新型スキャナをご案内させて頂きます。

Q2

読み取り性能はいかがでしょうか?

現状は「東京都」のような文字と文字の接触、「被保険者」のような文字の潰れ、「生年月日」のような文字の擦れ、コピー防止の模様が読み取りミス原因の大半を占めております。TCOB等の独自技術開発で対策を重ねて参りましたが、今後の研究開発でさらに読み取り性能を強化して行く所存です。

Q3・Q4

特に読み取りの良い(悪い)保険証・受給証はどれですか?

読み取りの悪い保険証を減らすよう、調査研究開発を続けて参ります。

Q5

保険証リーダーXに関するご意見・ご感想(一部をご紹介します)

お客様の声
打ち込みだと間違う場合がありますが心配することがなくとても安心していられるので、非常に利用してよかったと思っています。

お客様の声
手打ちしていた頃よりミスがなく迅速。コピーの手間も省けて非常に気に入っています。サポート部の方々にも助けて頂いています。

お客様の声
どの保険証もほぼきちんと読み取ってくれ、大変助かっています。ただ、汚れていたり、すれて薄くなった字などは読み取れず誤変換されます。その点以外は本当に良い商品で仕事の効率が上がりました。

お客様の声
大変助かっています。ありがとうございます。頼りきりで受付の入力チェックが甘くなる程です。時々調子の悪い時もあるので、たぶん現在も日本一の性能だと思いますが世界一の技術に育ててください。

お客様の声
保険証をリーダー内に置き忘れ、患者様にお返しする事を忘れてしまう事があるので返却防止の何らかがあれば助かります。

アンケートをもとに行ったソフト改良

H-Oneアップデート[Ver.1.18.13]に含まれています。

保険証置き忘れチェック機能

保険証をスキャナに置いたまま患者様に返却忘れすることを予防する機能です。保険証OCRを実行後30秒経過すると高速スキャンを自動実行し、置き忘れがないかチェックします。fi-60F/65Fスキャナでのみ動作します。

読み取りの悪い保険証の対応

ご意見頂いた誤読発生状況のうち、確認/対応可能なものについては改善をはかりました。とくに三重県四日市市国保、長野県松本市国保は大きく改善する見込みです。


現行保険証に見られる認識困難な印字の例

OCRは、文字がきちんと印刷され汚れが少ないほど読み取りが良くなり、そうではないものほど正しい読み取りが難しくなります。
左図のように品位の低い印刷がされている場合は読み取り率が大きく低下しますことご容赦ください。

アンケートにご協力いただき誠にありがとうございます。頂いた貴重なご意見は今後の商品改良のために使わせていただきます。

接骨院/整骨院業務支援システムH-One[エイチ-ワン]
お気軽にお問い合わせください。